本文へスキップ

保育士資格を取得できる大学・短大の偏差値。おすすめ幼児教育を学べる専門学校

海外で日本人保育士の需要はあり!働ける職場と語学力のこと


将来は保育士になりたい…、でも海外で働いてみたい…。どちらの夢も叶えることできますよ。

海外にも日本人保育士が活躍できる職場はある

地元の保育園や幼稚園で働くことが多い保育士にとって、海外転職というのはなかなか現実味のない話かもしれません。

もし、海外で働きたいと思っても「日本人の保育士に需要なんてあるの?」と考えてしまうかも。

しかし、実は海外にも日本人保育士が活躍できる職場はあるのです。

例えば海外に住んでいる日本人の子どもを保育する保育園や幼稚園。

グローバルな経営を展開する会社が増える今日、日本から海外に転勤するサラリーマンとともに海外生活を始める家族はたくさんいます。

現地駐在している会社員の子どもは日本人。海外で生活している彼らに日本語や日本文化を教えてくれるのが海外にある日本人向けの保育園や幼稚園です。

ここで求められるのは日本人の保育士。

自然と日本人の駐在員が多い国では日本人保育士の求人数も多くなります。

また、インターナショナルスクールやベビーシッター等でも日本人保育士向けの求人があります。

保育士が海外で働くための条件は?

就労ビザの取得

日本人が海外で働くためには、就労ビザが必要になります。

就労ビザを取得する際は、専門性、学歴、実務経験などからその国で働く能力があるかを審査されます。

どんな要素が重要視されるかや、就労ビザを取得するための条件は、受け入れ先の国によって様々です。

働きたい国が見つかったら、まずその国の就労ビザの取得条件を調べてみましょう。

また、海外の保育士求人の中には、就労ビザの取得や申請にかかる手続きサポートつきのものもあります。

資格

海外の子どもに対して保育を行う際には、現地で保育資格を取得しなければなりません。

ただし、日本人向けの保育園や幼稚園で働く場合は、日本で取得した保育士・幼稚園教諭資格があれば働ける場合もあります。

外国語

日本人の子どもや日本人の保護者を相手に保育業務を行う日本人向け保育園・幼稚園で就職を考えているなら、現地の言葉がしゃべれないことを気に病む必要はありません。

日本語しかできなくても応募できる求人はあります。

しかし、インターナショナルスクールなどに就職したい場合は、語学力も採用条件に上がってくるでしょう。

また、海外で保育士として働く以上は、あなた自身も海外に移住することになります。

その時に全く現地の言葉が分からないのでは、日常生活がしにくくなることは想像できるはず。

いかに求人上は外国語のレベルを問わないと書かれていても、ある程度現地の言葉を勉強する努力は必要だと思われます。



最後に

保育士にも海外で働くチャンスはあります。

もちろん、様々な手続きや計画性が必要な難しさはありますが、海外転職を実現できれば日本国内では想像できなかった広い保育の世界をのぞくことができるはずです。

保育士の大学の偏差値短大偏差値