本文へスキップ

保育士資格を取得できる大学・短大の偏差値。おすすめ幼児教育を学べる専門学校

保育士修学資金貸付制度(最大160万円が無利子・返済免除)


これから進学するにあたり、学費・授業料の心配をしている受験生もたくさんいますよね。

少しでも親の経済的な負担を軽くしたい…そんな受験生に必見の制度があります。


保育士修学資金貸付制度とは?

こども

保育士修学資金貸付制度とは、指定を受けている保育士養成施設(大学・短大・専門学校)に在籍する期間に、月額5万円以内で援助を受けられるように定められた制度です。

貸付も初回には入学準備金として20万円以内、卒業時に就職準備金として20万円以内を受け取ることが可能です。

貸付を行っているのは各都道府県です。

奨学金との違い

笑顔で眠る赤ちゃん

奨学金や教育ローンと違う点は、要件を満たせば返済しなくてもよいという点です。

その要件とは、養成施設を卒業した日から1年以内に、資金の貸付を受けた都道府県で保育所等で児童保護等に従事し、かつ5年間引き続きでこれらの業務に従事するということです。

保育士を目指す方は短大や専門学校を卒業し資格を取得する必要がありますが、これにはどうしてもお金がかかります。

保育士修学資金貸付制度は、こういった理由で修学を難しい方を費用面で援助することで保育士の数を確保し、より質の高い保育士の養成確保を目的として制定されました。

その背景には、保育現場における深刻な人材不足や、保育士の質の低下、貧困世帯などの増加に伴い、金銭的な事情で修学をあきらめる人の増加などが挙げられます。

この制度が制定されたことにより、保育士になりたくても、母子家庭や貧困世帯などで修学する金銭的な余裕がなく修学を躊躇していた人も、保育士養成施設への入学を踏み切ることができるようになりました。

また、修学する分野は決まっていなくて、金銭面で修学に悩む方も、この制度があることで、保育士養成施設に入学し保育士になろうという、将来の職業選択の動機づけにもなっています。



制度のメリット

0歳児保育

返済免除の条件が保育業務に従事することとなっているので、自ずと人材確保もできるようになりました。

制度を受ける側としては、奨学金のように後々まで返済しなければならないという負担もありませんし、この制度は無利子ですので、教育ローンのように利子の心配もありません。

上記の要件を満たし、保育業務に従事すれば、働いて貢献をすることをもって返済とみなされるのです。

そういった面では、本当に保育士を目指す人にとって、修学や就職にやりがいや希望を感じられる点では非常にメリットが大きく、金銭的な心配をせずに学業に専念することができます。

制度を利用するには

保育士さん大好き

保育士修学資金貸付制度を運用しているのは都道府県ですから、この制度を利用するにあたっては、まずは自分が働きたいと思っている都道府県に貸付を受けることができるか確認します。

指定を受けている保育士養成施設を比較・検討した上で、どの養成施設に入学するか自分で決定します。


保育士の大学の偏差値短大偏差値